デザイナー専用PCを自作する(ベンチマークテスト編)

Windows10
旧Windows10背景

「デザイナー専用PC」と勝手にカテゴライズした自作PC制作が完成した。「パーツ購入編」「組立編」と続き、今回はWindows OSをインストールし、ベンチマーク・テストを行った。

購入したパーツの詳細は、以下の「パーツ購入編」から。

PCの制作過程は、以下の「組立編」から。

ベンチマーク・テストの結果

近頃のベンチマーク・テストには、どのようなツールが使われているのかを調べて、メジャーなものでテストしてみた。
オーバークロックなどの処理は一切行わず、全て定格でのテストである。

WinSAT

先ずWindowに標準で備わっているWinSATでテスト。
総合的なスコアを出す。

WinSATでの結果
WinSATでの結果

通常WinSATはPowerShellで起動し、見にくいコマンド画面で結果が表示されるが、見やすいように、WEI Viewer(https://webmarks.info/ja/)で整形している。以前のOSでは、この画面での表示が標準だったのだが

CPU

CPUのテストは、CINEBENCH-R23で行った。

CINEBENCH-R23での結果
CINEBENCH-R23での結果
CINEBENCH-R23での結果拡大
結果を拡大

スコアは8796で、Intel Core i9 9880H(8コア16スレッド)やAMD Ryzen 7 1700(8コア16スレッド)とほぼ同じ。6コア12スレッドとしては、健闘しているではないだろうか。

グラフィックカード

Final Fantasy XV Windows Edition Benchmarkでテスト。

Final Fantasy XV Windows Edition Benchmark でのテスト結果
Final Fantasy XV Windows Edition Benchmark

このマシンでゲームをやる予定はなく、元々ゲームはやらないので、テスト中の動画を見ても、良いのか悪いのか判断が付かないのだが、スコアは3598で「普通」という評価をもらった。

ストレージ

システム用の高速M.2 SSDと、データ用の5400rpmのHDDをそれぞれ1機ずつ搭載している。
CrystalDiskMarkでテストする。

M.2 SSD

CrystalDiskMark M.2SSDの結果
M.2 SSDの結果

デフォルト設定での計測結果。
数値を見てもこれが速いのか遅いのか分からない。ただしマシン起動などは恐ろしく速く感じる。

HDD

CrystalDiskMark HDDの結果
HDDの結果

読み込みは、M.2 SSDの約1/10。
容量:4TB、回転数:5400rpm、バッファ:128MiB、記録方式:SMRで、速さより長期安定性を求めたのでこんなものなのだろうか。

ベンチマーク・テストのまとめ

PCテストを頻繁に行っている人であれば、もう少しましな評価ができるだろうが、正直数値を見ただけではよく分からない。ただ体感的には、現在稼働しているマシンよりは大分速い。完全に停止した状態から、マシンの電源スイッチを押し、Window10のデスクトップ画面が表示されるまで、パスワード入力は無効にしているので20秒。それからChromeが使えるようになるまで25秒。これはM.2 SSDのためだと思われる。しかし現段階で、必要最低限のアプリやユーティリティなどを入れているで、OSのみの状態よりは遅いだろう。これから仕事で必要なフォントやアプリをインストールする事で、さらに遅くなると予想される。

その他、PC制作後記

Windows10 Proインストールの失敗

Windows10 デスクトップ画面
古いヴァージョンのWindows10 Pro
Windows10 デスクトップ画面
最新ヴァージョンのWindows10 Pro 20H2

Windows10 Proのインストールは、M.2 SSDによる性能のおかげで素早く終了した。だがシステムをM.2 SSDにインストール完了したと思った瞬間、電源ケーブルに足を引っ掛けダウン。もう一度、再インストールをして無事に完了。その後ディスク構成を見たら、確かにM.2 SSDにシステムはインストールされそこから起動されているが、何故かデータ用のHDDにシステム予約として500MB、その他にパーテーションでさらに2つの領域が出来ていた。もちろんパーテーションを切る作業はしていない。このシステム予約領域が面倒で、起動システムとは別なので、ディスクをフォーマットしようとしても出来ず、どうにもならず数時間試行錯誤した。
仕方ないので、再々度Windows10のインストールから始める。この時OSのインストール先指定に、HDDのシステム予約、パーテーションが切られた領域の全てを消去。H.2 SSDに上書きインストールして、なんとか正常にOSのインストールが完了した。
その後、HDDを通常通りマウント。パーテーションは切らなかった。
Windows10 Proのヴァージョンが古かったので、すぐにMicrosoftのサイトからダウンロードした、最新ヴァージョン20H2にアップデート。念の為、最新ヴァージョンのインストール・ディスクも作成した。

UEFIとBIOS

UEFI画面
UEFIのグラフィカルな画面
UEFI画面
UEFI画面

マザーボードのメーカー公式WEBサイトで確認すると、使用しているメモリ8GB DDR4 3600MHzの確認は取れていない事が制作前から懸念されたが、UEFI画面を見る限り定格通り認識されている。

ここで何が困ったかというと、今までBIOSを呼び出すには、PC起動時にDeleteキーを押せば、OSを読み込む前にBIOS画面に入る事ができたのだが、OSインストール後BIOS画面に入ろうと何度Deleteキーを押しても、通常通りWindows10が起動してしまう。BIOS画面に入れない。マザーボードのマニュアルを呼んでもDeleteキーを押すように書いてある。BIOSで検索しても答えはなかなかない。一瞬キーボードが壊れたのかとも思った。
OSをインストールする前には、PCに電源を入れた時に自動的に表示されるファームウェア画面。確かに以前よりもグラフィカルになり、マウスでも操作出来るようになった。ずっとこの画面の事をBIOS(バイオス)と呼んでいたが、実はBIOSとは異なるUEFI(ユーイーエフアイ)というものだった事が発覚。と、言うか知らなかっただけ。
両方ともファームウェアインターフェイスであるが、簡単に言えばBIOSは古く、UEFIは新しい。現在はほぼUEFIだとか。
このUEFIは起動自体がBIOSとは異なり、Windows10から起動するのだった。こんなのは自作PC派の人には当たり前過ぎて書く気にもならないのだろう。

UEFIの起動方法

ついでにUEFIの起動方法を書いておく(ほぼ自分のために)。

設定画面
「設定」画面

左下Windowsスタートボタンから設定を選び、さらに左下にある更新とセキュリティを選ぶ。

回復画面
「回復」画面

左のリストから回復を選ぶ。そしてPCの起動をカスタマイズするの下にある今すぐ再起動ボタンを押す。ボタンを押しても、すぐ再起動にはならないので心配しないように。表記が悪い。

オプションの選択画面
「オプションの選択」画面

オプションの選択画面が表示されたらトラブルシューティングを選択。

トラブルシューティング画面
「トラブルシューティング」画面

トラブルシューティング画面が表示されたら、詳細オプションを選択。

詳細オプション画面
「詳細オプション」画面

詳細オプション画面が表示されたら、UEFI ファームウェアの設定を選択。

UEFIファームウェアの設定画面
「UEFI ファームウェアの設定」画面

UEFI ファームウェアの設定画面が表示されたら、再起動を押せばここでやっとPCが再起動しUEFI画面が表示される。

以前のBIOS画面に入るのと比べたらかなり回りくどい。F2キーやDeleteキーの連打の方が、分かりやすいし、入りやすいと思うのだが。

一通り自作PCの制作が終わって

前回の自作PC制作から時間が経ちそれから、M.2 SSDの登場、Ryzenの登場、5インチ・ベイがないPCケースの一般化、PCを派手に電飾するなどかなり状況が変わり、制作する時に戸惑う事も多かったが、それほど苦労する事はなかった。
しかし完成後前面のUSB3.0ポートが一つ動作しない事が発覚した。これはすぐに調べて、必要であれば交換してもらわなければならないだろう。

これから仕事用のアプリを入れたり、細かいカスタマイズを施したりと、実はハードウェア面よりもPCをソフトウェア面でカスタマイズする方が時間を要する。それは必要な時にゆっくりと進めたい。また自作PCの制作も趣味とまでは行かないが楽しいので、次は廉価マシンでも作ってみたいと考えている。

MINISFORUM DeskMini DMAF5 ミニPC AMD Ryzen5 3550H 小型デスクトップ pc Windows 10 DDR4 16GB 512GB NVMe SSD 1000M LAN RJ45x2 インテルWIFI6 AX200 BT5.1 Radeon Vega 8グラフィックス 4kトリプルディスプレイ出力 小型パソコン
MINISFORUM DeskMini DMAF5 ミニPC AMD Ryzen5 3550H 小型デスクトップ pc Windows 10 DDR4 16GB 512GB NVMe SSD 1000M LAN RJ45x2 インテルWIFI6 AX200 BT5.1 Radeon Vega 8グラフィックス 4kトリ...
自作PC自由自在2021 (英和ムック)
自作PC自由自在2021 (英和ムック)

タイトルとURLをコピーしました