営業メールも送り方を間違えると逆効果になる

メールが届く

自粛の影響なのか、今年に入りデザイン関連、IT関連、印刷関連など直接売上に関係ないと思われていた業種から、営業メールが多く届くようになった。
どこも厳しく、メール営業をせざるを得ないところまで、売上が落ち込んでいるのだろう。

しかし営業メールには作法があり、それを破ると企業にとってブランドの毀損になりかねない。

新規顧客獲得のためのツール

新規顧客を開拓するための営業ツールには、インバウンドとアウトバウンドがある。企業の側から客に直接アプローチをせず、客の側から連絡を取ってくるインバウンド。例えば、WEBサイトのSEO対策や広告によるもの。それに対しアウトバウンドは、企業側から客に直接アプローチを取る。例えば、郵送によるダイレクトメール。これは印刷代、郵送代が掛かる。電話による営業は、相当なメンタルが必要である。FAXによるいわゆるFAXDM。現在ではFAXを使っている企業も減少してきているし、FAXを受信する方が、紙代を払うことから問題になっている。そして、今回取り上げる電子メール(eメール)によるダイレクトメールがある。基本的に何通送っても無料であることから、気軽に営業メールを送ることが出来る。

うちの会社も過去に何度か新規顧客開拓のため、営業メールを送ったことがある。反応率は0.3%位であまり良いとは言えなかった。「その数字なら良い方ではないか」と言われるかもしれないが、一度に大量送信すると、プロバイダーの方でブロックされてしまうため、どうしても手動になりかなり効率が悪い。それでも電話営業のように精神的に疲弊する事は少ないし、何もしないよりはましなので、営業メールを否定するつもりは毛頭ない。拒否する相手の顔も見えないし、声も聞こえないので、精神的にも楽だが、誰にでも送って良いものではない。

迷惑メールの種類

迷惑メールは誰でも受け取ったことがあるだろう。どこかの通販サイトで買物をしたら、メールアドレスが漏れ、怪しい詐欺の様な内容が送られてくる。スパム(広告宣伝)メールである。この手のメールに「迷惑なので送らないで欲しい」と真面目に返信してはならない。送信する相手も実際に使われているメールなのか、相手の氏名も住所も分からないまま、メールアドレスだけを入手し大量に送信し反応を見ている。返信したら相手の思うつぼだ。絶対に返信してはならない。対策としては、メールクライアント(メールソフト)のフィルターを設定して、迷惑メールフォルダやゴミ箱に振り分けられるようにする。
もしWordPressでWEBサイトを構築していて、プラグインであるContact Form 7を使用しているのなら、reCAPTCHAをスパム対策に使用するのは必須である。完全ではないが、これでかなりのスパムメールを受信しないで済む。
あまりしつこいものは、総務省の迷惑メール対策ページから情報を送るのも一つの手だろう。どれくらいの効果があるのかは疑問だが。

それ以外にも迷惑メールには、広告宣伝以外の真面目な営業メールというものがある。
これは会社であったり、個人事業主であったり、商売をしていなければ受け取ることがないメールである。

迷惑な営業メール

会社の公式WEBサイトの問合せからでも広告宣伝メールは届く。それらは先述のように対策するしかないのだが、ここで問題にするのは、新規開拓しようと送ってくる営業のメールである。
このような営業メールを含む、迷惑メールには特定電子メール法というものが定められている。
基本的には、オプトイン(事前承諾)なしに、メールを送信してはならない。事前に「送ってもいい」という承諾なしにメールを送ると、それは違法メールとなる。

ただし、先の特定電子メール法のページにもあるように

ただし、HPで公表している団体又は営業を営む個人のメールアドレスについては、原則としてこの「オプトイン規制」の例外とされています。(特定電子メール法第3条第1項第4号)

https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/taisaku/1-2.html

これはWEBサイトで公表していなくても、名刺交換をしてメールアドレスを知り、広告宣伝メールを送った場合も違法ではない。
では、公表している場合に、迷惑な広告宣伝や営業メールは送られっぱなしで、放置するしかないのだろうか。それらに対しては、以下のような記述がある。

ただし、アドレスと併せて「送信を拒否する」旨の表示があればオプトイン規制の例外とはなりませんので、法律違反のメール送信となります。(太字は筆者)

https://www.dekyo.or.jp/soudan/contents/taisaku/1-2.html

送信を拒否する」と明確に書いてあるにもかかわらず、広告宣伝メールはもちろん、営業メールを送るとそれは法律に違反したメールという事になる。

それでも届く営業メール

うちで運営しているあるWEBサイトには、以下のように明確に「送信を拒否する」旨を問い合わせフォーム上に記載している。

【特定電子メール法】
このお問い合わせフォームは、業務の問い合わせ、ご依頼専用です。
それ以外の営業や広告宣伝内容のメールはご遠慮願います。
受信した場合、特定電子メール法違反として通報いたしますので、ご注意ください。

それでも送ってくる会社や個人がいるのには驚く。botの類ではなく、きちんとメールフォームに記入して送ってくるのである。

外国語サイトや越境ECの制作・運用を下請けとして請け負います。
xxxxxxxxxxxxx
https://xxxxxx
PDF資料 http://xxxxxx

一度Web会議でご提案の機会を頂けますと幸いです。…

ご担当者様
突然のメール失礼致します。
xxx株式会社のxxxと申します。

昨今、業務効率化や生産性向上を実現するテクノロジーとして「RPA」に注目が集まっており、実際に企業・自治体での導入も進んでおります。

適切に導入ができれば、業務効率化・生産性向上を実現しますが、
単にRPAソリューションの知識だけでは対応できず、
業務設計・システム構築といった専門性が要求されるケースも多く、
専門誌・ニュースなどで失敗事例が多く掲載されております。

そこでこの度、導入多数の実績を持つ弊社が失敗事例に共通するポイントを徹底解説する
【無料オンラインセミナー】を開催いたしますので、ご案内させていただきます。
ご自宅や職場のPCにてインターネットがあれば視聴可能です。…

弊社は静岡県に本社と工場がございます、B輪転7台所有する輪転印刷会社になります。
主に折込チラシや広報紙を得意としておりまして、B1輪転ではB1チラシやB4-16Pが、
半裁では2-IN-1対応しておりB4-12Pなども印刷可能となっております。
また、納品のほぼ6~7割は関東圏~東海エリア納品案件で締めております。
何かしらご協力させていただけるものございましたら是非とも見積もりからチャレンジさせてください。
弊社HPのURLが下記になります。
http://xxxxxx

是非ともご検討の程宜しくお願い致します。…

突然のご連絡申し訳ありません。私 xxxのxxxと申します。
弊社は、Web制作会社様に特化した翻訳、チェックサービスを提供している会社です。

昨今、コロナウイルスの影響で、Webに力をいれるお客様が増えていることと存じます。
そこで、貴社のサービス拡大のお手伝いをさせていただきたく、ご連絡いたしました。

■こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

        「Web制作と多言語化の相談をうけるが、翻訳はできない」

        「英語だけなら対応できるが、中国語や韓国語は対応できない」

        「お客様から機械翻訳の品質では困るがコストが高すぎるのも困るといわれている」

        「Webに流し込んだ後のチェックに困っている」

■そんなお客様にお薦めなのが弊社の翻訳、チェックサービスです。

弊社では、…

株式会社xxx(愛知県)のxxと申します。
新規お取引の御願いで連絡させて頂きました。
インクジェットの布製加工を低コストで展開しております。
是非、現状仕入価格等とご比較ください。

【のぼり旗】
45×150?インクジェットフルカラー…

これらは実際に届いた直近の営業メールだが、読んでみるとどのメールもセールスレターの書き方をよく勉強している。価格を明確にしたり、試用出来たりと、新規の営業としては間違えてはいない。
しかし、メールの書き方以前にもっと大事な、顧客に対する姿勢を間違えている。たとえ迷惑メール法を知らなくても、明確にメールの受信を拒否しているのに、それでも送るというのはどういう神経なのだろうか。受信した側は、どう考えてもメールを送信した会社に対するイメージは悪くなる。もし将来、外注業者に依頼しなければならない案件が発生した場合、これらの業者は先ず外すだろう。大げさかもしれないが、企業倫理が問われる。

それでも営業メールを送る場合

営業メールを送る場合、WEBでターゲットになる職種や業種を検索したり、またはターゲットとなるメールリストを入手したりして送信する場合が多いだろう。しかしその場合でも、一通り特定電子メール法に目を通してから送信するようにしたい。嫌がっている相手に、無理やり押し売りしても良いことなどない。万が一その時は商品が売れても、長続きするわけがないのだから。
そして問い合わせフォームに受信拒否の旨が記載されている場合は、1件でも多くメールを送りたい気持ちを抑えて、残念だが送るのは止めるべきだろう。企業ブランドが毀損するのは確実であるのだから。

少し古い本だが、この本はセールスレターに限らず、読ませて行動を起こさせる文章を書く場合に参考になる。

人を操る禁断の文章術 | メンタリストDaiGo |本 | 通販 | Amazon
AmazonでメンタリストDaiGoの人を操る禁断の文章術。アマゾンならポイント還元本が多数。メンタリストDaiGo作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また人を操る禁断の文章術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
タイトルとURLをコピーしました