リーフレット(パンフレット)のデザイン方法

サービス案内用リーフレット(パンフレット)の制作依頼をいただいた。
犬のしつけやトレーニングのサービス。

実際のリーフレット制作手順を実績紹介と共に解説する。

リーフレット設置例
リーフレット設置例

制作条件

A4判2つ折りリーフレットで、仕上がり後のサイズはA5判
用紙は、コート紙110kg

デザインのテーマは、人と犬の親和

リーフレットとパンフレットの違い

厳密には、以下のように分類されている。

  • リーフレット—–1枚の紙を折りたたんだもの
  • パンフレット—–複数の紙を綴じたもの

今回は、1枚の紙を2つ折りにしたものなので、正確にはリーフレットとなる。
しかし専門の業者でも混同していることがあるので、どちらでも話は通じる。

素材

素材としてロゴデータ、QRコード、テキストデータは発注者から支給された。
画像はテーマに沿ったものを、こちらで選択。

サムネール制作

今回はサムネールではなく、ワイヤーフレームのような状態で、2つの折り方を提案。

左綴じと上綴じの線画
2つの折り方

左辺に折り目を付けるか、上辺に折り目を付けるか。
今回のような利用方法の2つ折りリーフレットであれば、どちらの折りでも可能である。
ただしデザイン制作の初期段階で、折り方向を決めておかないと、レイアウトも決まらない。
ここでは左辺を折る、左綴じが選択された。

左綴じのレイアウト案
左綴じのレイアウト案
上綴じのレイアウト案
上綴じのレイアウト案

今回は2つ折りなので、全4ページ。

  • 表1(1ページ目 表面):メインとなる画像とロゴマーク。そしてサービスのメインキャッチコピー
  • 表2-3(2-3ページ目 中面):サービスの詳細
  • 表4(4ページ目 裏面):ロゴ、会社の住所・資格などの情報

以上はどのようなフォーマットでも大体同じ。これを基本としてヴァリエーションを考える。
今回は基本フォーマットで制作する。

ラフデザイン制作

今回制作するデザイン案は1案なので、ラフデザイン案も完成度8割程度のラフデザイン案を提出。
ここまで完成度を高めたデザインを、ラフデザイン案と言って良いのかは、いささか疑問だが……。

ラフデザイン案 表1-4(外面)と表2-3(内面)

犬と人との親密さを表現する画像を数十点選び、さらにその中から表1-4(外面)用に2点、表2-3(内面)用に1点をさらに選択。
ただ画像を並べて、犬と人との親密さを表すのでは、犬のしつけ・訓練所のリーフレットとしては弱い。平凡すぎる。そこで、犬と人の部分だけを円でトリミングし、さらにその円を数珠つなぎにすることで、犬と人との親密さの印象を強めた。

店頭にこのリーフレットが置かれた状態を考える。
リーフレットが目に入り手に取ってもらうよう、表1に配置された2つの円で囲まれた画像の左端を、表4側にかかるようにした。表面から見ると画像の左側一部が隠れるようになる。オブジェクトが一部隠れていると、隠れている部分が、どうなっているのか見たいと思う心理を応用したものだ。これはレコードジャケット・デザインでよく使われる手法である。
以上を考慮しながら、画像をトリミングしたオブジェクトに、動きを与えるようなレイアウトを考えた。

犬のしつけ・訓練所という、言葉だけ読むと堅固で厳しいイメージを和らげるように、以下のデザイン方針で進めた。

  • 全体は円を基本にする
  • 色は暖色系でまとめ、キーカラーはオレンジ色
  • 全体通して地色はクリーム色(Y10%)
  • キャッチ部分のフォントは、丸ゴシック系
  • 囲み罫は角丸、または円

表1のキャッチコピー犬のしつけ・訓練所東京都荒川区の2つを、その画像を囲む円に沿わせて配置。直線的に文字を配置するよりも、言葉に柔和な印象を与える。

表2-3(中面)は、サービス詳細を掲載。
大きく2つのプランに別れているので、この2つのプラン比較をしやすいように、左右のページに振り分け、等価の扱いにする。等価の扱いにするというのは、見出しのレベル、書体の扱い、色味全て同一価値にすると言うことである。
またレイアウトの基本だが、左右のページに別れていても、同一のグリッドに揃えることは必須。
そして全体を下部にまとめ、重心を下に置き安定させる。
上部の空きには見開きにわたり、1枚の背景画像を敷く。この背景画像と下のプラン説明が自然に溶け合うように、画像の下部はグラデーションにより、徐々にフェードアウトする効果を施した。

デザイン完成

ラフデザインを提出し、デザインの確認をしてもらい、テキストの修正と追加の指示があった。
表2(内面、見開き左ページ)に追加のテキストを配置。

表1-4(外面)は、実際にプリントアウトして、折を入れ、実際のリーフレットと同じダミーを作成。実物と同サイズの折を入れたダミーを作り、デザインの検討をすることは必ずやらなければならない。モニター上で見ただけでは、気が付かなかった点を多く発見することが多いからだ。

画像オブジェクトの周りが寂しい。このような場合、背景に地紋を敷くのが定番だが、うるさくなる。今回のデザイン方針とは異なるため、そうはせず画像オブジェクト回りに、小さな犬と人のイラストを配置した。寂しさの解消と共に少しの可愛らしさ、気軽にサービスの依頼が出来るような雰囲気が出た。
ついでにQRコード部分と、内面の右下空き部分に、アクセントとしてイラストを配置。
(企業情報部分や価格部分は、加工している)

最終デザインを確認してもらい、その後デザイン的な微調整を施し、トンボを付け、印刷用データとしての確認を済ませ、印刷所へ入稿した。いつでも入稿データの確認は緊張する作業である。

表1-4 デザイン(一部加工済)
表2-3 デザイン(一部加工済)

印刷物が到着

刷り上がった印刷見本が到着した。
想定通りの色が出ているか、印刷に不具合がないか、欠けている部分がないか、何年やっていても緊張する瞬間である。
ミスはないようで、一安心。

リーフレット表1
完成したリーフレット 表1

画像の左側が欠けている。
この左側はどうなっているのだろうか?」と気になり、手に取って広げてみたくならないだろうか

リーフレット 開いた状態 外面
完成したリーフレット 外面を広げた状態(一部加工済)

トリミングに使用した円が、左から右に向かって弧を描くように配置されていて、軽やかな動きを印象付ける

完成したリーフレット 表4(一部加工済)

表4側を見た場合でも、表1画像の一部が右に現れていて気になり、表1がどうなっているのか見たくなる。

リーフレット 開いた状態 中面
完成したリーフレット 中面を広げた状態(一部加工済)
完成したリーフレット
完成したリーフレット

今回リーフレット制作をご依頼いただいた企業

ドッグトレーニング ARCH(アーチ)
https: //arch-dogtraining.com/

東京都荒川区に新しくオープンした、犬のしつけ・訓練所です。
詳細は、上記WEBサイトまでお願いします。

けっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本 | ingectar-e |本 | 通販 | Amazon
Amazonでingectar-eのけっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本。アマゾンならポイント還元本が多数。ingectar-e作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またけっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
タイトルとURLをコピーしました