外注デザイナーから社内デザイナーにするとどうしてブラックになりやすいのか

元々は社内リソースがないから外注に出す

 昨日こんなツイートを見ました。

 フリーランスという名の自営業者をやっていてこんな場面は日常茶飯事です。私に仕事の依頼する多くの理由はそれなりのクオリティーで安く済むからです。名前で仕事が取れると思っていないのでそれは構わないのです。複数人で運営している法人のデザイン事務所に依頼すると組織に依頼する安心感はありますが、それなりの費用はかかるし、何よりも個人なら通常の営業時間外でも気軽に連絡できるのもあるでしょう。ただしフリーランスの方が安く済むと言ってもやはり費用はかかります。
 今まで経験した中で、例えば毎月大量の広告を打っている物販会社があるとします。社内で広告制作できる能力がないので、外注に依頼していました。しかし売上が落ちてくるとそんな安いフリーランスですら外注出来る余裕がなくなります。しかし毎月の広告は打たないとそもそも売上が立たない。そうなると今いる非デザイナーの社員の誰かがやるか、またはデザイナーを新しく正社員かバイトで雇ってやらせるかの二択になります。(ものは言いようでインハウス・デザイナーなんて格好いい名前で呼んだりしますが。)非デザイナーの社員がやるには広告制作はハードルが高すぎるため、新しくデザイナーを雇うことにしました。

外注は金がかかるから社内へ

 ここからが問題で安いフリーランスですら使う余裕がないので、新しく雇うデザイナーの給料は当然安い。安い給料で集まってくる求人はクオリティーが低い。この辺りは雇用主も分かっていて、最低限のクオリティーであれば給料が安いのだから仕方がないだろうと考えるのです。このデザイナーのクオリティーが低いのはその人の技術や能力が低いというよりも経験の浅さから来る事が多いでしょう。本来なら経験の浅いデザイナーは経験豊富なデザイナーの元について指導を受けるか、これは危険ですが思い切ってフリーランスになって直接お客さんからクレームを受けながら成長するかでしょう。しかし経験が浅いままデザイン事務所以外の場所で1人でデザイン制作作業をしていても「文字をもっと大きく」だとか「ここはもっと目立つように」だとか「青ではなく赤で」とか注文は受けるでしょうが、それは指導とは違います。何故そうしなければいけないのかまでは教えてくれないからです。もちろんデザイナー本人も言われた事をそのままやっているだけなので新たな提案も出来ないでしょう。物販会社としても社内デザイナーは注文は聴いてくれるが、クオリティーが低いままの広告を打ち続け、その結果最悪さらに売上が落ちたり、またはブランドイメージも下がるでしょう。会社にとってもデザイナーにとっても良くない事なのです。 これはデザイン事務所や元々社内にデザイン部などの専門部署がある場合は別です。

そしてブラックになってゆく

 上記のツイートの内容に戻ると、大量に広告制作を要する会社内に1人または少人数だけ雇った経験の浅いデザイナー(達)は、外注として使っているデザイナーと違い定額の月給の中で、あらゆるデザイン制作業務を多量に任されるとなるとかなりブラックな勤務体系になるのは必然ではないでしょうか。デザイン制作というのは完成があるようでないもので、プログラマであれば設計書通りに作り機能するようになればそれがゴールですが、デザインは正解がないのでデザイナーは結局締切ギリギリまで時間を使っていろいろな案を出したり試行錯誤してしまうのです。少なくとも私は。まあそんな事を言えばデザイン制作業務自体がブラックな仕事なのですが。

タイトルとURLをコピーしました